光回線はどこが安いか調べてみた!

光回線といえばフレッツ光などでおなじみの固定回線ですが、他にもさまざまな業者が提供しています。直営で販売されているものもあれば代理店を通して販売されるものもあります。

ぜ~んぶひっくるめれば数十社もあるため、一体どこで契約すればいいか分からない人も多いのではないでしょうか。

契約するポイントはいろいろありますが一番は値段だと思います。月々の利用料が安いことが第一の条件でしょう。

結論からいいましょう。もっとも安いのは『DMM光』です!

DMM光の詳細はコチラ!

㈱DMM.comが提供するフレッツ光の光コラボ。光回線の品質はそのままに低価格でインターネットができるのがDMM光です。

フレッツ光から乗り換えた場合、月額1,838円、年間22,056円もお得になります!(*1)

DMM光が一番安い?実際の価格をまとめてみた

参加企業7社
DMM光 softbank光 NURO光 フレッツ光 ドコモ光 auひかり コミュファ光

【戸建てタイプ】

  • DMM光(2段階定額)*2 月額3,720円
  • NURO光 月額4,743円
  • DMM光(定額) 月額4,820円
  • docomo光 月額5,200円
  • Softbank光 月額5,200円
  • auひかり 月額5,200円
  • コミュファ光 月額5,600円
  • フレッツ光 月額6,700円

戸建てタイプの料金は上記のような順に安いです。

まずDMM光の戸建てプランは2種類あります。完全定額の場合は月額4,820円で使えますし、データ容量をあまり使わないのであれば月額3,720円~つかえて最安の価格となっています。

【マンションタイプ】

  • DMM光 月額3,780円
  • auひかり 月額3,800円
  • Softbank光 月額3,800円
  • docomo光 月額4,000円
  • フレッツ光 月額4,300円
  • NURO光 月額4,743円
  • コミュファ光 月額5,550円

マンションタイプでもDMM光の料金は安いです。月額3,780円でつかえる光回線としてはマチガイなく最安級です。

光回線とスマホのセット割が最安に!

光回線へ加入する際にいくつか割引サービスが利用できますが、その中でもとくにオススメなのがスマホとのセット割引です。

auひかりならauユーザーが安くなり、docomo光ならdocomoユーザーが安くなるというのが一般的ですが、じつはDMM光のセット割引が一番安くなるのはあまり知られていません。

まずはDMM光の割引サービスの内容をみていきます。

【割引内容】

格安スマホ「DMMモバイル」と「DMM光」の両方を利用すると、DMM光モバイルセット割として毎月500円割引が適用されます。

【料金の参考】

ファミリータイプ(戸建住宅の方)+DMMモバイル
月額4,820円 + DMMモバイル月額440円 = 月額5,260円 → 500円割引→月額4,760円
マンションタイプ(集合住宅の方)+DMMモバイル
DMM光月額3,780円 + DMMモバイル月額440円 = 月額4,220円 → 500円割引→月額3,720円

割引自体は500円とわずかな金額ですがDMMモバイルが月額440円~契約できるため、2つ合わせて3,720円~4,760円という激安価格で維持できるのが魅力的です。

実際いろいろな光回線業者や格安スマホを調べてみてもこれ以下でスマホと固定回線をもつことはムリです。マチガイなく併用でも最安なので、できるだけ安く維持したいという人は検討する価値が十分ありますよ!

*1 フレッツ光(東日本)戸建てタイプの料金と比較した場合
*2 DMM光の2段階定額プランは3GBまで3,720円で使え、以降は従量課金制となり10GB以上使うと5,420円となりそれ以上は増えない

近年、家計に占める通信費のウエートは大きくなっています。従って節約を考えるなら、ネット回線を自分の利用形態に合わせて最適にする事で、安くする事を考えるべきでしょう。 まずスマホが普及した事で、固定のネット回線の利用頻度がほとんど無くなった方は、固定回線を思い切って止めるか、残しておくにしても光回線からADSLに戻して料金を大幅に下げる事を考えると良いでしょう。 ネット回線で動画をよく見る場合は別にして、普通のサイトに接続して利用する程度なら、ADSLでも十分と言えるでしょう。少しスピードが落ちても、その程度なら我慢すれば大きな節約となるのです。 また、外出時にはスマホでネット接続するものの、自宅では固定のネット回線を利用し、しかも結構ヘビーユーザーなら、光回線を継続せざるを得ないケースもあるでしょう。そんな時でも、スマホとネット回線のセット割りは必ず利用すると節約になるのは当然です。 ネット回線等の通信費は、自分の使用状況に対して過剰品質になっている事が多く、これを最適にするだけで、大きな節約が可能となるのです。 自分の利用状況を再度チェックし、本当に必要なものにする事で、料金を安くするのが、現在の節約としては非常に重要と言えるでしょう。

▲ページトップへ戻る